日本で特に多くの人たちが、パチンコ好きである理由

日本で特に多くの人たちが、パチンコ好きである理由

多くの欧米人はパチンコの名前どころか、このゲームを一度もしたことがありません。しかし日本では最も人気のあるゲームです。人気があるのはもちろん、パチンコによる歳入も大きく全国の国民総生産のおよそ5.6%をしめると予測されています!

ゲーム業界の競争は年々激化しているものの、パチンコは現時点での最高峰であり、今後もしばらくはその状況が続くでしょう。それにしても日本でそれほどまでにパチンコの人気が高いのはなぜでしょうか。今日はその疑問にお答えしようと思います。

まず始めに、

パチンコとはどんなものなのか?

日本では、国民の大半がパチンコのことを知っており、ゲームの内容も把握していることでしょうが、かいつまんで言うとピンボールの変種だと思っていただけば良いでしょう。

お金を払って貸玉をもらったらマシンの右手にその箱を置いて、商品獲得を目指して発射させていきます。

ゲームの仕組み

ゲーム自体はきわめて単純です- 玉を所定の場所に入れた後、それを弾いて飛ばすだけです。一個ずつ弾いてもよいですし、次々連続的に発射させることもできます。弾かれた玉はパチンコ盤に埋められた釘に当たって跳ねながら落下していきます。玉が落下してしまう前に入賞口に転がり込めば、たくさんの玉がジャラジャラと出てきてさらにゲームを続行することができます。逆に、手元の玉がすべてなくなってしまったらゲーム終了です。

賞品制度の仕組み

日本では、お金を受け取るギャンブルが法律で禁じられていることも、パチンコ人気が高い理由の一つでしょう。多数の玉を獲得しても、実際のお金には替えられません。その代わりに、獲得した玉の個数を証明するレシートを受け取ります。その後、そのレシートを使って交換できる物品の中から賞品を選ぶため、現金のやりとりはありません。この仕組みによって合法性が保たれ、厳しい規制の元でも人気を維持し続けることができているのです。

パチンコの人気がそれほど高い理由

二つの理由があると言われています。一つは非常に簡単なゲームであること、そしてもう一つは実際に賞品を勝ち取ることができることです。

多くのギャンブラーは気楽にできて、あれこれ考えずに済む単純なゲームが大好きです。長い時間仕事をした後に、複雑なゲームをする気にはならないからでしょう。

ただ、どうせやるなら誰だって賞を勝ち取りたいものです。本物のお金を勝ち取ることはできないのであれば、次に魅力的なものは賞品です。賞品を受け取って自宅で使うか、必要のない賞品であれば売ってしまえばいいのです。

オンラインでのパチンコ

オンラインでパチンコをすることも不可能ではありませんが、実店舗のパチンコ店の人気にはとうてい及びません。また、賞品についても実店舗のようにシンプルにはいきません。オンラインのゲームでお金以外の賞品を受け取るというのは、ちょっと面倒です。

しかし、テクノロジーの進歩によってパチンコまでもがアップグレードされつつあり、今後がさらに楽しみです。